ブログ

【サンムーン・ダブル】パーティの組み方と選出について解説!横の並び、縦の並びとは!?

直近24時間の人気記事ランキング!

▼サンムーンシングルレートシーズン1構築まとめ記事集

シーズン1のシングルレート雨パまとめ
シーズン1のシングルレート砂パまとめ
シーズン1のシングルレート晴れパまとめ

2/16(木)14:00~エントリー開始!クチートナイトとスピアーナイトが欲しけりゃエントリーだ!Pokémon Global Link『ポケットモンスター サン・ムーン』で世界中のプレイヤーとバトル!イ...
サンムーン ダブルバトル

【サンムーン・ダブル】パーティの組み方と選出について解説!横の並び、縦の並びとは!?

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。
イエロー

ダブルバトル入門記事3つ目!今回はパーティの組み方と選出について書いていこうと思います。

この稿では、横の並び、縦の並び、パーティ構築と選出、チェックポイントなどを扱います。

ダブルバトルの基本を知りたい!という人は、以下の順序で読んでいただければと思います。

  1. 「縛り」の概念、「すばやさ操作」の重要性、「まもる」の使い方など
  2. 重要な技、特性、天候やフィールド、ダブルバトルならではのコンボなど
  3. 横の並び、縦の並び、パーティ構築と選出、チェックポイント ←この記事!


横の並び

場:ガブリアステッカグヤ
控え:カプコケコウインディ

大正義主人公ガブリアスを基準に考えてみましょう。上のような状況においては、ガブリアスとテッカグヤとを指して「横の並び」、ガブリアスとカプコケコ, ウインディとを指して「縦の並び」といいます。

まずは横の並びから見てみます。横の並びで考えるべきことは、「特定のポケモンで不利になる並びを避ける」ということでしょう。やや極端な例ですが、相手の手持ちにマニューラが見えているのに、バンギラスとガブリアスを投げると珠マニューラ1体にバンギラスもガブリアスも縛られてしまいます。

例:マニューラ vs. バンギラス ガブリアス
バンギラスが「けたぐり」で、ガブリアスが「れいとうパンチ」で縛られている。これに対してマニューラは縛られていないため、どフリーで動くことができる。交換または「まもる」を使いつつマニューラを処理するか、2体のうちどちらかを捨てるしかない時点で、後手に回っている。

以上のような、攻撃受ける側の並びにも注意をはらいたいのですが、範囲での相性補完をメインで横の並び考えたいところ。たとえば、コータスとドレディアという並びでは、炎タイプのポケモンに打点がありません(「ねむりごな」で誤魔化すぐらい)。バークアウトを使うウインディとか結構きついです。

例:ゴウカザル ユキノオー
ユキノオーの隣にゴウカザルを置いて、氷技の通りが悪い鋼タイプに対して打点を持っておく(通称:サルノオー、第4世代などではよく見られた)。

対鋼をゴウカザルで相性補完、という意味では、第6世代の全国ダブルにおけるメガサーナイトでも同じ並びが見られました(通称:サルサナ)。それから「隣のポケモンで縛りを解除する」というのも、横の並びで考えたいところです。

例:ガブリアス vs. マニューラ トゲデマル
トゲデマルの隣にマニューラを置くことで、ガブリアスにトゲデマルを縛らせない。

関連記事:ダブルバトルの立ち回りの基本について解説するよ!トゲデマルをガブリアスから救うためには!?

縦の並び

先述の通り、裏に控えているポケモンとの並びが「縦の並び」です。

縦の並びでは「交換先のポケモンと相互に相性補完ができている」ように意識したいところ。ダブルバトルにおいて「まもる」を使うことがあるとはいえ、どうしても「交換」を余儀なくされるときがあります。

たとえば相性補完という意味では、シングルで「サザンガルド」がもてはやされますよね。あれがわかる人にはしっくり来ると思います。

例:ガブリアス + ウインディ
ガブリアスに飛んでくる氷技やフェアリー技をウインディで半減できる。また、ウインディに飛んでくる岩技をガブリアスで半減できる。


パーティを作ってみよう!

たとえばWCSの予選のような、上位一握りの世界で勝ちに行くパーティを作るなら、「いまの環境的にマークが薄く、かつ、刺さっている構築/ポケモンは何か」というメタゲームの領域の話になっていきます。

が、まずはじめは「色んなポケモンを使いつつダブルバトルに慣れていく」ということに主眼をおいておけばいいでしょう。とりあえずスタン、追い風、天候、トリパ、積みパあたりの中から好きなものを選んで順番に使っていけばいいと思います。

関連記事:具体的なコンボやコンセプトパーティ(天候パ、トリックルームパーティ、ねこだまし/このゆびとまれ+積み技、てだすけ/さいはい+攻撃技)

ダブルバトルにおける「調整」

ダブルバトルでパーティを作ろう!って思い立ったとき、悩むのは努力値配分ではないでしょうか。最初は調整ってよくわからないと思います。ブログや各種サイトを見てると耐久調整が載ってることも多いですが、最初は意味を考えながらとりあえず丸パクリでいいと思います。

オリジナリティを出すのはダブルバトルがわかってきてから。

ただ、すばやさ調整はともかくとして耐久調整が活きる場面はそんなに多くない、というのは覚えといたほうがいいでしょうね。耐久調整が活きるのはせいぜい先発で出すことの多いポケモン(例:雨パにおけるニョロトノやペリッパー)や、お互いに無傷で対峙することの多いポケモン(例:カプコケコのような使用率の高いポケモン)程度のもの。

なぜなら交換出しで微弱なダメージを受けたり、1ターンに2体のポケモンから集中攻撃でダメージを受けたり、砂や霰でスリップダメージを受けたりして、想定通り行く試合があまりないからです。「1回耐え」ならまだしも「2回耐え」はなかなか使いにくい。

机上であれこれ悩むより、対戦中や対戦を振り返っているときに「あ、このポケモンのこの技耐えれたら楽なのになー」というタイミングで独自のチューニングを施していくといいでしょう。そして、単体での調整が活きるのはどちらかといえば「すばやさ」です。

関連記事:アローラダブルにおけるポケモンのすばやさ一覧表

すばやさの次に大事なのは火力系の調整(確1調整」など)でしょう。そもそも眼前の敵ポケモンを縛れているのか?ということが理解できていなければ勘に頼ることとなり立ち回りは安定しません。以上から、一般的には すばやさ>火力>耐久 の順に調整が重要だと言えます。


構築例

ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4
ガブリアス ジメンZ じしん ドラゴンクロー どくづき まもる
ウインディ オボンのみ ねっぷう バークアウト おにび まもる
カプ・コケコ いのちのたま 10まんボルト マジカルシャイン めざめるパワー地面 まもる
テッカグヤ たべのこし ヘビーボンバー やどりぎタネ みがわり まもる
ポリゴン2 しんかのきせき れいとうビーム じこさいせい どくどく トリックルーム
ギガイアス かたいいし ストーンエッジ いわなだれ じしん ワイドガード

ウインディは「いかく」と高い素早さから「バークアウト」「おにび」を撒きつつ戦う。相手の火力を削いだところで、ダメージレースをガブリアスやカプコケコで制したい。テッカグヤに有効打を与えられるポケモンがいなくなれば相手を詰ませて勝ち。

なお、カプコケコはパーティ全体でやや弱いアローラガラガラを意識して「めざめるパワー」を搭載。素早さ操作としてポリゴン2、トリックルームや天候パへのカードとしてギガイアスと採用している。この枠はトリトドンなどでもいいでしょう。

選出

基本選出を決めておくといいでしょう。基本選出は、パーティの勝ち筋から考えていくといいと思います。コケコライチュウのような尖った組み合わせがあればそれが基本選出の軸にするといいです。

上のパーティ構築例では、たとえばガブリアスとカプコケコで優位を取りつつ、ウインディで相手の火力を削ぎ、最終的にテッカグヤで詰め将棋的な勝ち方をする…といった具合です。

また、基本選出ではきびしい組み合わせがある場合、それを想定した選出も考えておくとなおよし、でしょう。たとえば上のスタンパで雨パが相手ならば、頭でポリゴン2を投げてトリックルームを展開、裏には天候を上書きをできるギガイアスを選択…といった具合です。

この「基本選出では厳しい組み合わせ」というのは、事前にわかるものもありますが、なんだかんだ言っても「やってみてわかる」というものも多いです。机上であれこれ考えるより、まずはパーティ組んだらレートに潜ってみることを勧めたいですね。「まずダブルバトルってどんなものか肌で感じたい!」という人には「レンタルパーティ」を使うことをぜひともおすすめしたいところ。


チェックポイント

最後に、パーティをくんだときに以下のチェック項目をみながら、自分の作ったパーティを点検しておきましょう。

  • そのパーティの勝ち筋は何か
  • 基本的な選出パターンはそれに沿っているか
  • トップメタに対する抵抗力はあるか
  • きついポケモンやパーティは何か

上記の中で、「きついポケモンやパーティは何?」というのがハッキリしていることは大切です。ポケモンや持ち物や技構成をかえることで対応するのも一考ですが、たった6体のポケモンに、それぞれ4つの技と1つの持ち物しか搭載できません。必ず「これはきつい」という相手がいるはず。それは仕方のないことです。

それがトップメタなら論外です(例:アローラダブルで、ガブリアスやカプコケコが出てきたら壊滅するパーティ)。しかし使用率の低い構築やポケモンであれば、立ち回りで意識して、Zワザなどを駆使しつつ優先的に倒すというのも一手です。ピンポイント対策よりはできるだけ汎用性のあるものを。

「相手の勝ち筋を消しながら」あるいは「こちらの負け筋を消しながら」戦うという考え方自体はシングルバトルと同じです。

構築レベルでの対応と、プレイングレベルでの対応と、この2つを考えながらレーティングに潜ってみましょう。

さて、ここまで書いてきた3つの記事で、ダブルバトルで考えるべき基本的事項は概ね網羅できています。あとは実戦あるのみ!ここからは学知ではなく経験知の領域です。


実際の対戦動画

公式大会のルールはダブルバトルなので、個人的にはぜひやってみてほしいです(。>﹏<。) 実は「ポケモン世界大会の決勝戦専用のBGM」というのが用意されてるんですよ!知ってましたか?「勝てばチャンピオン」なので初代のグリーン戦のアレンジ版です。めっちゃ高まる!

ぼくは高校生のころ、草薙昨日さん(2009年のチャンピオン)に憧れてダブルバトルをはじめました。というわけで、最後に改めて世界大会の動画を貼っておきます。「雨アンチのドクロッグとエンペルト」という超ユニークな先発でチャンピオンの座にたどり着いたのには度肝を抜かれました。また、敗れたとはいえ、マリおさんの「メガヤンマでマンダへの交換読みめざパ氷」「ヌケニンかげうち急所」など、会場をわかせた場面もありました。

VCC2017(WCS2017)はアローラ限定のダブルバトルですが、2016年のような禁止級伝説が一部解禁される「GSルール」もなかなかおもしろいと思います。画面奥のWolfe選手などは世界大会上位常連プレーヤーですね。この人の構築や立ち回りなどは非常におもしろいです。あと解説もわかりやすい。

https://www.youtube.com/watch?v=zRME9g0amBk

基本編はこれで終了。次回からは個別解説(育成論)やパーティ構築などについて見ていこうと思います。

さあ、ダブルバトルをはじめよう!

記事 内容
ダブルバトルの基本その1 すばやさ関係、縛り、まもるの使い方など
ダブルバトルの基本その2 火力系、範囲攻撃技、コンボ、重要な特性など
ダブルバトルの基本その3 縦と横の並び、パーティ構築と選出、チェックポイント ※この記事
ダブルバトルデータ集1 アローラダブルすばやさ一覧表
ダブルバトルデータ集2 アローラダブル使用可能ポケモン一覧(技、特性別索引つき)
The following two tabs change content below.
文武両道をモットーに、バドミントン歴10年のイエローです! こちらではダブルバトルを中心に記事を書いていきます! 普段はバドミントンやポケモンに関する様々な情報を中心に発信するブログをはてなブログでやってます♪ 是非遊びにきてください!

週間人気記事ランキング!

関連記事

スポンサーリンク

アーカイブ

カテゴリー

amazon(ご自由に検索できます)

ページ上部へ戻る